« 2018年10月 | トップページ

2018年11月

2018年11月29日 (木)

リーグ戦最終節・・・

01



最終戦の相手、拓殖大戦は激しい攻防になった。
選手一人ひとりが身体を張って外国人選手を止め続けた。
ロスタイム含め、残り5分で松浦がトライ&ゴールも決めて24-26と2点差まで詰め寄った。

しかし、無情にも勝利したのは拓殖大学。
主な原因はペナルティ。拓殖2に対して専修14では勝てない。
イエローカードも出された。規律、ディシプリン・・・。
(映像を見たが・・・、選手たちは最後まで諦めずに我慢して良く戦った!!)

それでも今季初先発の主将高橋は、終始冷静にゲームをコントロールしてくれた。
主将のカムバック、だから勝ちたかった。

この日も、群馬敷島グラウンドまでたくさんの専大サポーターやファン、保護者の方々に声援を貰いました。
いつも本当にありがとうございます。
おかげさまで選手もみんな一生懸命です。
最後は勝ちます。


※ 専修大学は復帰シーズンを2勝5敗、7位(8チーム中)という成績を残し入替戦へ

これも試練、気持ちを切り替え、入替戦に挑みます。
ジュニア戦も含め、AB2チームが今週はホーム、来週は熊谷で試合をします。
ラスト2試合、ご声援宜しくお願いいたします。


PS, 選手、部員が選ぶチームMVP

日大戦MVP:PR石田楽人(3年/桐蔭学園)
拓殖大戦MVP:FL坂本洋道(3年/國學院栃木)


02


03


04


05


06


07


08


09


10


11

| | コメント (4)


2018年11月22日 (木)

日大戦完敗・・・

01
2018 高橋組 専修結束 Unité




リーグ戦第6節、
日大との試合は三郷セナリオハウスフィールドグラウンドで14時キックオフ。
終わってみれば10-47の完敗。
最初のプレーで勝負あった。
いや、勝負する前、ウォームアップの時から負けていたかもしれない。
私の責任、試合開始時に100%で挑める準備ができていなかったからだ。
ホントにこの試合にしか来れないスポットコーチ陣たちにも申し訳ない。

負けは負け、課題は明白。
外国人選手を止めることができなかっただけ。
試合前には得失点差はあれど、そんなに差はないと送り出した。
しかし、予想以上に外国人選手に飛ばされた。

但し、みんなが飛ばされたわけではない。
いいディフェンスはいくつかあった。
しっかり準備ができている選手が大半はいた。
後半十分巻き返せる時間帯もあったのだが、そこでスコアできなかった。
逆に一瞬の気の緩みからスコアを許した。
少しだけ修正をかければ十分機能する。
やってきたことを自信もって披露する、チャレンジする。
チャレンジャーだということを忘れない様に。

最終戦も相手には外国人選手が3人出場してくる。
止めることができたとき、勝利が転がってくる。
今週はいい準備ができているか?
昨日の練習はどうだった?ミーティングは??
このメンバーで大丈夫か?
私はこのメンバーを信じている。
部員全員がポジティブに、そして勝つことを信じて。
やってくれるだろう。


02
第6節 日大戦 三郷セナリオハウスG 14:00ko


03
初先発 WTB山﨑


04
FL坂本、ここは阻止されるもこの後トライをマーク


05
FL佐藤の突破


06
SH小田


07
SO郡司タックル


08
CTB澤田(主務:専大附属)タックル


09
LO殿元タックル


| | コメント (2)


2018年11月14日 (水)

リーグ戦も終盤戦!

01_2



3年ぶりの関東大学リーグ1部第5節中央大戦に勝利したのはもう3週間前。ここ2週はJr.選手権C2で法政、筑波に敗戦。やはりレベルが上がってくると思い通りにいかないことも…。しかし、このレベルで戦い続けなければ先はない。
先ずは今週末、第6節はセナリオH三郷グラウンドで行われる日大戦に全力で挑む。専修大学は現在2勝3敗、伝統校でもある日大に勝つことが四大学(法政・中央・日大・専修)を牽引してきた3チーム全てに勝つこと=トリプルクラウン達成にもなる。向こうも本気、こちらもチャレンジャーとして真っ向勝負で挑みたい。


PS、ピンチはチャンス!

リーグ戦はシーズン佳境、勝ち負けはあるし、運もある。もちろん運だけでは上には行けない。やってきたチーム、まとまったチーム、結束したチームが上位に上がれる。専修大学も練習は短い時間で効率よく集中してやってきたつもりだが、まだまだ満足行く状態ではない。ここからはトーナメントのつもりで気持ちを、心をひとつにして挑まなければ、勝ちも転がってこない。だからチーム一丸でひとつになろう。面白く泥臭いラグビーをしよう。たくさんの専大ファンが応援してくれる。

チーム状況は本当に上がってきている。この2ヶ月、1部での経験がチームの伸びしろ、選手たちがさらに躍動し始めた。助け合う、サポートし合う、言葉を切らさない、その為にも専修結束。ワンチームで最後まで伸び伸びとプレーして欲しい。それだけの実力は付いてきたのだから、自信を持って行こう。



※ 法政Jr.戦

02
CTB木元トライ!


03
CTB木元、井上ダブルタックル


04
SH酒井


05
WTB山﨑突破!


06
FL西小路、折居ダブルタックル


07
PR森重突破!


08
トライ!




※ 筑波Jr.戦

09
筑波Jr戦


10
No,8 熊谷先制トライ!


11
SH杉山


12
筑波C戦、FL中里突破!


13
NO,8ティム


14
SH安藤


15
PR田名部


16
WTB花田
C戦は26-26引き分け




※ photo diary

17
11/10 タニ・鉄心・松田Tr、還暦祝い‼︎(東福岡高校ラグビー部レジェンドスタッフ)
東福岡高校ラグビー部元監督谷崎重幸氏、川内鉄心氏、松田孝幸氏、3人とも私にとっては高校時代からいまでも偉大な恩師です。
本当におめでとうございます!
(公式戦の為欠席)


18
11/14 早朝SCトレ後…
そうた&ひなた、共に大分舞鶴出身1年生


19
専大快速BK陣!

| | コメント (2)


« 2018年10月 | トップページ