« 流通経済大戦・・・ | トップページ | リーグ戦も終盤戦! »

2018年10月31日 (水)

流経大から早稲田Jr-東海大-中央大と4連戦!!

01
2018専修結束 Unité



10月は8日のリーグ第3節流経大戦から中4日で13日ジュニア早稲田戦、20日リーグ第4節東海大戦、28日第5節中央大戦と4試合公式戦が続いた。好調を維持するためには効率良くしっかり寝て(休息を取り)、短時間で密度の濃い練習(SC含む)をして、しっかり食事(リカバリー&オフ)することが大事。それはスタッフも一緒。

10/13に行われた早稲田Jr戦は、ホーム伊勢原でのゲームだった。立ち上がりから幸先良くトライを連取し、前半終盤には最大21点差を付けていたのだが・・・。ラストプレーで1トライ返され、前半33-19と14点差リードで折り返すと、後半は立て続けにトライを許し、後半はスコアレスでの敗戦。(Cチームも後半失速で完敗)
これが対抗戦トップチーム。まだまだ差はあるが、追いつけない差ではない。
【ジュニア選手権カテゴリー2 2戦2敗 次戦11/4法政Jr戦 法政G 12:00KO】

東海大戦は東海大グラウンドでキックオフ。前半こそ先制トライを取る等粘りを見せたが、後半はこの日今季初出場となったNO,8デビタ・タタフに何度もボールを奪われては、主将でCTBのアタアタに走られ、更には交代出場の選手がイエローカードで退場する等、そこから一気に畳み掛けられての敗戦に頭を抱えた。
【リーグ戦第4節終了 1勝3敗】

10月28日、リーグ第5節中央大戦、熊谷ラグビー場Bグラウンドで行なわれた。開始早々から敵陣に入って連続攻撃を仕掛けるもなかなかトライが奪えない。そうならと先ずはPGの3点をFB松浦主将代行が決めて先制。少しずつミスも少なくなり、この日大活躍だったCTB夏井大樹がトライを奪うと、前半ラストプレーでFL佐藤がトライを取って17-0。
後半も先制したのは専修で、再び佐藤がこの日2本目のトライで24-0と突き放す。しかし、残り30分を切ったところから中央大の攻めにあい、3トライ献上で24-17と7点差。終盤松浦がこの日2本目のPGを決めて27-17とし、最後はこのまま逃げ切っての勝利。
【リーグ戦第5節終了 2勝3敗 次節11/17日大戦 セナリオ三郷G 14:00KO】

あっという間の10月、箱根駅伝予選会に出場した専大陸上部は14位(11位までが箱根駅伝出場権獲得)で突破できずも、野球部は東都2部で優勝し、今週末に1部最下位の中央大学との入替戦(3連戦)に挑む。
ラグビー部も負けられない戦いが続くが、ジュニア・リーグ1部残り2戦ずつ4試合、チャレンジャーとしても全力を尽くして戦いたい。
来月もたくさんのご声援、何卒宜しくお願いいたします。

一戦必勝!!


02
東海大戦、専大サポーターの大声援に感謝!


03
SO郡司突破!


04
初先発NO,8志賀

05
ロック陣、キャリー殿元とサポート山極!


06
WTB夏井勇大、サポートする檜山


07
CTB澤田(途中出場)


08
リードを止めるWTB水野景介


09
HO宮本


10
NO,8志賀のトライ!この試合チームMVP獲得‼︎


11
東海NO,8デビタ復帰戦…


12
専修元気印FL坂本!


13
SH初先発 小田剣!


14
CTB光吉突進!


15
SH野口宜、後半12分途中出場初デビュー(7人制日本代表)


16
専大大声援感謝!(専修大学松戸高校ラグビー部も応援に…)



17
no side




※ ラグビーリパブリック(郡司特集)

https://rugby-rp.com/news.asp?idx=114139&code_s=100210001005




※ 10/13 ジュニア早稲田戦フォト
http://www.senshurugby.com/blog_detail/&blog_id=1&id=698


※ 10/20 東海大戦フォト
http://www.senshurugby.com/blog_detail/&blog_id=1&id=699





PS.Photo Diary

18



19
10/8 1年生


20
寺井Tr & 疋田Tr


21
10/17


22
10/24 あさSC後の階段そうじ


23
10/24 東海大戦チームMVP NO,8志賀


24
10/25 ラグマガ 坂本特集!


25
10/27 日本代表OB 集合!

|


« 流通経済大戦・・・ | トップページ | リーグ戦も終盤戦! »

コメント

中大戦勝利おめでとうございます。これで、二勝三敗ですが、伝統校の法政、中央を倒したのはすごいです。新興チームは外国人プレーヤーで占められ、勝つことの難しさを感じます。昔は大東文化のトンガ人(ラトゥ、ナモア)位で後は、国士舘の台湾の留学生、かつて専修も長身のオケイリーという選手がいたのを覚えています。でも、日本人だけ、高校時代の輝かしい実績が他のチームよりなくても、専修は十分その結果を出されていると思います。それが、今大切なことかと。外国人や高校時代の輝かしい実績よりも大学入学後にどれだけ伸びていくかが大切ですね。確かにラグビーセンスやスキルが充実している選手を獲得することで強化できれば良いですが、かつて村田さんとお会いしたときも「欲しい選手が他校に行った」など選手獲得の苦労をなさっていましたが、でも村田さんの目で将来性のある選手を獲得されて、じっくり育てることでその選手が試合で活躍することが1番嬉しいことでしょう。そんな選手諸君が伝統校に勝ち、一部の定着、大学選手権出場も夢ではない位置まで来るように成長していること。今までの苦労が身を結ぼうとしていますね。そういう方と毎回このように連絡出来ることを幸せに思い、感謝致します。次回の試合まで間もあるようですが、ジュニアのチームもより一層、1本目のチームに追いつき、追い越す位の勢いで良い結果が出ることを大いに期待しております。頑張って下さい。

投稿: 京都のミスターK | 2018年11月 1日 (木) 10時59分

村田監督、中央戦の勝利、おめでとうございます。
私事で恐縮ですが、今夏、脳梗塞を患いまして、応援に行けるものかと思っていましたが、なんとか、中大戦に間に合いました。
次回は、日大戦に馳せ参じるつもりです。
全く以って、走れるという事は、なんて素晴らしいことか。
部員の皆さんの、礼儀正しさには、いつも敬服しております。
専修OBとして、誇りに思います。

投稿: KAZU | 2018年11月 1日 (木) 19時07分

時の経つのは早いもので・・・。シーズンも終盤戦、リーグ戦1部5試合を終えて2勝3敗。伝統校である法政、中央に勝てたことは大きな成果。しかし、残り2戦に勝利することでさらなる進化に繋がります。ジュニアは筑波大に完敗。やはりこのカテゴリー2で勝つ事は容易ではありませんでしたが、ここにいることで来季にも繋がります。Cチームはなんとか引き分けになりました。負けなかったことが成長です。ジュニアはあとひとつ勝って残留を目指します。
本当に日々の積み重ねが最後に結果として現れます。やってきた選手、やろうとしたけどやりきることができなかった選手。それぞれの思いもひとつに。
今週はいよいよ日大戦!しっかり準備して挑みます。チャレンジャーとして!!

投稿: Wata | 2018年11月12日 (月) 08時51分

中大戦の応援ありがとうございました!まだまだ大事な試合が続きます。日大戦も見ていて熱くなるような試合展開になるようチーム一丸となってチャレンジします。選手たちはたくさんの応援の元、試合ができて羨ましい限りです。11月17日は三郷グラウンドで専修魂をお見せします。挨拶、礼儀、大事なことですね!

投稿: Wata | 2018年11月12日 (月) 11時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)