« 2017年12月 | トップページ

2018年1月

2018年1月11日 (木)

Bonne année

01
À Wata
De Marie Barland




寒中お見舞い申し上げます
今年もよろしくお願いします

年末は福岡、そして年末年始は高校ラグビーの聖地、花園へ。
今年もMBS大阪毎日放送で準決勝まで解説させて頂きました。


02
花園ラグビー場



開会式 花園ラグビー場




決勝は19年ぶりという大阪決戦。
優勝は終盤一気に逆転した東海大仰星、大阪桐蔭は初の決勝進出だったがほんと紙一重の差。
3位は共に優勝候補でAシードだった東福岡と桐蔭学園。
こちらも最後の最後までわからない展開だったが、共に先手を許し追いかける立場。
最終的にはターンオーバーを許し、関西勢のディフェンス力が上回った感じ。
決勝に進出した2チーム、ここぞという時のボールに対する働きかけ、集中力は素晴らしかった。


03
ベスト8
日本航空石川 vs 東福岡




初出場の昌平高校が1回戦で八幡工業に勝って初勝利し、2回戦では東福岡相手に前半は7−14と大健闘。
報徳学園はノーシードながらシード校の御所実業、春日丘に勝ってベスト8。
秋田工業は優勝した東海大仰星と同点、トライ数の差で涙。
日本航空石川は茗渓学園に勝った後、常翔学園に勝って来た石見智翠館に勝ってベスト8。
國學院久我山も國學院栃木との兄弟対決を制し、佐賀工業に勝ってベスト8。
京都成章と流経大柏は僅か5−0という僅差で成章がベスト8。
他にも目黒学院vs長崎南山、土佐塾vs郡山北(抽選で郡山北)、コザ vs明和県央も見ていて白熱した戦いを目の当たりにした。


04
準決勝解説
大阪桐蔭 vs 桐蔭学園
MBS大阪毎日放送




大学は帝京が東海大に、明治が大東大に勝って決勝進出。
その決勝戦は21−20と僅か1点差の勝利で帝京大学が前人未到のV9達成。

トップリーグはサントリーとパナソニックがヤマハ、トヨタにそれぞれ勝利しファイナルへ。
いよいよラグビーシーズンがノーサイドを迎える。


05
大阪桐蔭スクラム(以下S)コーチ文原
専修大学ラグビー部Sコーチも兼務!




専修大学ラグビー部は1月9日竹内GYMセッションより再開。
昨夜は今季初めての全体ミーティングでチームの意思統一を確認。
今年こそ専修旋風再び・・・
ラグビーに乾杯!


06
大介、また来年!




PS,PHOTO DIARY

07
12/27
同期 今村スカウトと杉本


08
12/28 中学サッカーと高校ラグビー


09
12/28
同期に囲まれる後輩⁈


10
12/28
専大時代の部屋っ子の子供たち


11
部屋っ子


12
12/29 神戸製鋼 SH佐藤


13
12/29 "やす田" にて


14
12/30 モニターでチェック


15
12/31
1984年12月27日
東福岡高校 花園初出場
SH2年 村田亙 公称160cm,55kg



元旦
私のいないところで…
みんな大きくなったなぁ~笑笑


16
1/3 ベスト8


17
1/1 同期


18
1/3 組み合わせ


19
1/4 生田神社
恒例のおみくじは⁈


20
御影駅
神戸製鋼灘浜グランドへ



1/6 世田谷区RS指導
こちらも毎年恒例に…


21
1/7 OFF
family day ‼


22
1/8 竹内GYMセッションスタート!
(夜は中央区タグラグビークリニックを途中からサポート)


23
42会同期たち♪

| | コメント (2)


« 2017年12月 | トップページ