« 東福岡三冠日本一! | トップページ | 新チーム始動! »

2017年1月31日 (火)

専大納会・・・

15
四年生お疲れ様!




今月もあと1日、あっという間に月日が流れる。

日本選手権では準決勝で帝京大に勝ったサントリーがノートライながら、同じく準決勝でヤマハに勝ったパナソニックに勝利し日本一。
沢木監督1年目、昨年度9位からのTL全勝優勝、日本一という快挙にあっぱれだ。
(その前の大学選手権決勝、帝京大対東海大も素晴らしい試合だったことは言うまでもない。)

1月28日土曜日はラグビー部納会。
その模様はラグビー部HPより!
この日までラグビー部はテスト期間も重なり、トレーニングはS&Cウェイト中心。
今年は日曜日オフを除く、ほぼ毎日フィジカルアップの為に、大東コーチ、寺井トレーナーを中心に、年末から継続して強化。
その成果が先日の測定記録会で表われた。
もちろん、ラグビー的スキルアップも欠かせない。
しかし今は身体を大きくすることに重点を置き、全体の早朝トレも無くした。
(しっかり試験勉強に励んでもらうこともあり・・・。)
それでも水曜日と土曜日はボールを使ってスキル&ラグビーゲームで身体を動かした。
やはりボールを持つと楽しいし、みんな生き生きしていた。

さて、午前中は4年生送別タッチラグビー大会。
その後12月~1月28日までの誕生日選手は、恒例の2ラインウォーターシャワーで(私も)部員全員から祝福された。


02
立派な社会人になれ!




納会では最後にスピーチ。
先ず昨シーズンのリーグ戦2部3位という結果を反省し謝罪。
今シーズンの目標を伝え、今後3ヵ年の長期的ビジョン、新スタッフを発表。
最後に全員で部歌を熱唱しお開きとなった。
OB会長赤間さんはじめ、たくさんのOBに支えられた1年間、本当にありがとうございました。
今年は必ず1部に復帰します。
今シーズンも宜しくお願いいたします。





01_2
四年生送別会!




※ 納会後は、4年生とスタッフで最後の晩餐。

過去4年間の大学生活話やコーチ、監督、トレーナーとの人間関係話等、終始盛り上がりを見せた。
OB中嶋さん、毎年お店”ふくの鳥”ご紹介ありがとうございました。
次回は4月5日、日本武道館にて専大入学式後の新人&父母懇親ランチ会でよろしくお願いいたします。




PS. PHOTO DIARY

03
1/18 タグラグビー授業


04
給食いただきました!


05
1/20 タグラグビー授業!


06
1/20 タグラグビー授業!


07
1/20 タグラグビー授業!


08
1/21&25
Joyeux Anniversaire ‼︎ Yuna et Wata


09
ほぼ毎日S&Cウェイトトレ!


10
1/23 筋膜リリースセッション! 専大OG


11
1/24 タグラグビー授業!


12
給食後…笑笑


13
大きくなろう!


14
42会!

|


« 東福岡三冠日本一! | トップページ | 新チーム始動! »

コメント

4年生の皆様、4年間の大学生活はどうでしたか。ラグビーと勉強の両立も大変でしたでしょうが、この4年間の経験はきっと人生にとって大きな財産になるでしょう。また、親元を離れた寮生活も大変な面もあったかとは思いますが、自立することで、親のありがたみもわかったでしょうし、これからは恩返しの意味も込めて、しっかりと親孝行してください。村田さん以下スタッフの皆様も4年間のサポート体制ご苦労様でした。新入生がまた入学、入部し、新たなスタートが始まりますが、現在のこの時間を大切に準備して頂き、実りある1年間にしてもらいたいと思います。写真を拝見し、社会貢献活動に従事されたり、同期の宴に参加されたりと、忙しくまた充実されておられ、羨ましい限りです。寒くなり、インフルエンザも流行っています。学生諸君の健康管理は勿論村田さんもお身体に留意され御活躍をお祈りしております。2月に入り、月日がたつのが早いですね。入試、卒業式のシーズンです。人生の門出を陰ながらお祝いしたいと思っております。

投稿: 京都のミスターK | 2017年2月 1日 (水) 17時58分

私が初めてスカウトした選手たちが卒業します。あっと言う間の大学四年間、親には感謝ですね。学生は試験も終わり、今はオフを満喫中だと思われます。また来週から再スタートしますが、スタッフも新たな気持ちで挑みます。S&Cのプロコーチも招聘、春はフィジカルアップとスキル中心に基礎から鍛えていきます。今シーズンも宜しくお願いいたします♪

投稿: Wata | 2017年2月 4日 (土) 08時31分

こちらこそ、また何かとコメントさせて頂きますが、懲りずに宜しくお願い致します。プロのコーチを招くというのは本格的ですね。学生に本気度を見せて良い結果が出ることを心から願っております。二つ下の代の「43会」も継続され、いつまでも大学の枠を越えての交流本当にいいですね。話が変わりますが、先月、大学の同期が急死したという連絡を受け、これで、同期が市川含め二名がいなくなり本当に寂しくて悲しいです。ここ2、3年で一つ下の後輩も亡くなったりと仲間が減っていくことが辛いです。同期の通夜には行けず、訃報をうけて、弔電を送り、同期で献花をするということで、これで行けなかった分、許してもらおうと思いました。段々と年齢を重ねこのような訃報も現実化してくると、本当にまずは健康第一であるということが身にしみて実感します。しかしラグビーを通じての「絆」は特に卒業後大切なものになりますね。卒業する四年生も「一生の友」として大切に交流の場を持ってもらいたいと思います。

投稿: 京都のミスターK | 2017年2月 4日 (土) 15時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)