« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月31日 (日)

日体大戦!

01
円陣!



春季大会第4節、日体大戦が伊勢原人工芝グラウンドで行われました。
メンバーは初めてホワイト&グリーンのジャージを着る選手が数名いたほど入れ替わり13時キックオフ!

前半風上に立った専修は確実に陣地を取って攻めるもなかなか得点に成らず、我慢の時間が続きます。
それでも前半を2トライ1ゴール2PGの18−0で折り返すと、後半も追加トライで25−0。
しかし、終盤は攻め込まれるシーンが多く、1トライを献上。
また残り10分弱を14人(全員交代した後に怪我で退場)で戦うことになりましたが、途中出場のWTB松永が抜け出しトライ。
30−5でノーサイドを迎えました。

これで春季大会開幕4連勝、勝ち点も24と伸ばして、Cグループでは日大と同率首位(得失点差ではトップ)。
最終戦が日大となるだけに、更に気を引き締めてこの2週間しっかり準備します。

02
L/O キャッチ南都!


03
ゴール前の攻防!


04
佐藤常務も観戦に!



PS. 帝京大戦!

前日にはBCチームが帝京大学と対戦。
B=5(1st 5-19)55
C=7−26(前半40分のみ)
Bチームの前半にはAチームのリザーブやスタメン選手が出場したり、フル出場した新人選手も、本日リザーブから出場したりと毎週選手全員で戦っています。
そして、今年も学ぶ所がたくさんありました。
帝京大学さん、岩出監督、斉藤コーチ、ありがとうございました。



※ 試合が一番のトレーニング!

先週は、全仏オープンでクルム伊達選手をサポートしていたスズヤ鍼灸治療院(静岡浜松新居町)の針灸師・疋田フィジオがフランスから直接伊勢原体育寮に合流し選手のケア。
私がヤマハ時代の7年間、地元磐田でたいへんお世話になったトレーナーであり、妻の同級生(東京衛生学園専門学校)でもあります。
そのクルム伊達選手がダブルスで初戦を突破すると、疋田フィジオもホッと胸を撫で下ろしていました。
次回は夏合宿??、宜しくお願いいたします。

05
スズヤ鍼灸治療院 院長 疋田大輔氏!



※ 秩父宮記念スポーツ医・科学賞奨励賞受賞!
 (菊幸一・山口香 研究班)

06

私も筑波大大学院SHP専攻OBとして参加。
受賞された先生方には大学院時代の二年間たいへんお世話になりました。
おめでとうございます♪


07
サントリー有賀は後輩に…♪


08
おめでとうございます♪

| | コメント (2)


2015年5月27日 (水)

関東学院大戦!

01
Aチーム、良い薬!



先週末の曜日のオープン戦、C(1年生中心)チームが関東学院大釜利谷グラウンドへ。
前半は0-17、後半3トライ奪うも守りきれず21-43で敗戦。

翌日、伊勢原人工芝グラウンドにAB2チームと試合。
先ずはAチーム、FB田辺簿の個人技で先制するもあとひとつが繋がらず逆に2トライ献上。
終盤にまた田辺が抜け出しトライ、前半を14-12とリードして折り返すが・・・。

後半、”最初のスコアが大事だ”、と送り出した矢先にトライを献上、怒涛の攻撃から開始14分で一気に17点追加(PG含む)され14-29。
それでもトライを返し21-29と8点差に迫り残り20分。
後半23分にトライされるも、25分にすぐさま返し26-36の10点差で残り15分。
まだ諦める時間帯でもないし、十分追いつけるし逆転できる余力はあったはずだが・・・。
27分、30分、39分と3連続トライを許し40分のPGで駄目押し、26-56の大差で敗戦。

”差はあったのか???”

レギュラー陣が怪我等で数名出ていなかったとはいえ、秋には十分ありえるケース。
選手層がまだ薄いことを露呈してしまったが、今回はスタッフ共々しっかり反省してレビューを行った。
いままで調子が良かったが、良い意味でもお灸を据えられた。
昨シーズン、19年ぶりに勝利した相手だったが、やはり春からしっかり勝っておきたかったのが本音。

Bチーム、気合い入っていました。
2つの長短のPGをFB野田が確実に決め、6-0と主導権を握るとすぐさまトライを奪って13-0。
前後半終始リードを保っては広げ、最終スコアは63-14と快勝。
Aチームの戦跡を目の当たりにして奮起した格好になった。

”気持ちの問題???”

02
SH中島、AとB掛け持ち!


03
Bチームはトライを量産!


04
抜け出す新人坂本をフォローする新人殿元!


05
ノーサイド!



2日後の火曜日、Aチームは専修大学伊勢原で合宿を張っていたU20日本代表チームと合同練習。
アップ終了後、早速ガチのA&D。
余裕があったのはU20だったはずだが、専修Aチームの粘り強いディフェンスになかなかトライが奪えず、焦りから攻撃にもミスが続く。
逆に専修Aチームは、DFからターンオーバーしては外に振ってボールを継続して1トライをマーク。
この日の一進一退の攻防は、2日前には見られなかった専修選手の気迫に、ラグビーは改めてメンタルスポーツだと痛感。
中竹監督も、”本当に一昨日負けたんですか???”、と・・・。
続いて、FWの接点も強いしSHの2人が良いですね~、とも・・・。
昨年のレギュラーが数名出ていなかったが、その2年生たちもU20日本代表選手のレベルに十分通用することが今回解かった。

06
U20日本代表、みんなデカい!


07
東福岡U20交流会議!徳田はリハビリ中…♪


08
みんなガンバレ!



終わった後にはやり切ったといった笑顔も見受けられ、”なぜ一昨日の試合で今ぐらいやらないんだ???”、と・・・。
やはり、ラグビーは楽しむことが一番大事!
U20日本代表と実戦ができて本当に良かった。

【TIDキャンプ(U20) 第6回合宿レポート】http://sakura.rugby-japan.jp/youth/2015/id32248.html
ワールドラグビーU20チャンピオンシップ2015・イタリア大会、予選イングランド・フランス・ウェールズ戦、吉報を期待しています♪



09
PR文原、LO馬屋原、コーチングありがとう♪






| | コメント (0)


2015年5月23日 (土)

昭和大ラグビー部

01


先日、医歯薬リーグに加盟している昭和大学ラグビー部が伊勢原グラウンドまできました。

ヘッドコーチは花岡氏。
(東芝府中-ヤマハ-戸塚TKM-etc…)

セブンズを中心に約2時間弱指導、一緒にゲーム形式で行いました。

翌週に大会があるとのこと、ラグビーを楽しんでください♪


02
専修大とフレンドリーマッチ(hold game)


03
良い選手いましたよ〜♪


| | コメント (2)


2015年5月21日 (木)

専大野球部優勝!

01
優勝の瞬間!



伊勢原で寝食を共にする野球部。
東都大学リーグ最終節2試合目、前日に先勝した専大は拓殖大相手に1-0勝利で2連勝。
1989年以来26年・52季ぶりの優勝を成し遂げた。
1部昇格後、すぐに優勝したのは日大以来46年ぶり2校目とか・・・?!

02
野球部副務 市川くん

03



この日は学校も休校し大勢の学生が3塁側に陣取って大声援、もちろんラグビー部員も全員参加で応援した。
学長、理事長、専務、常務も勢揃い。最後はレスリング部監督の馳浩さんと観戦。
斎藤監督以下スタッフ・選手のみんな、本当におめでとうございます。

04_2
専大レスリング部監督の馳浩さんと応援!




1989年といえば、ラグビー部も私がキャプテンの年でリーグ戦優勝(当時7年ぶり5度目のV)。

野球部と共に黄金年代だった。
4年前、サッカー部も昇格後リーグ戦を制し、昨季までリーグ4連覇を達成していることも含め、現在専大スポーツ革命が進化中。
ラグビー部も13年ぶりに1部昇格、今季の目標は"大学選手権"出場(リーグ戦5位以内)。
いきなり優勝というのは厳しいと思われるが、今までやってきたことをコツコツと積み上げてきた成果が秋に繋がる事だろう。

日々精進、専修旋風・専Sationを巻き起こします!

05
トーチュー!【記事はこちら

06
伊勢原体育寮!



PS. 優勝の瞬間を目に焼き付けて・・・

その日は夕方から練習、ゲーム形式、夜は水曜日恒例の全体ミーティング。
試合レビュー、MVP発表、メンバー発表、選手から一言。

※第3節MVP=FB田辺(3年) (第1節=LO西村、第2節SH古川)
特別賞=笹山(h-capがあまりにもボロボロだった為・・・)
【共に馬屋原賞・Wata賞の副賞あり】
おめでとう!

07

08

| | コメント (2)


2015年5月18日 (月)

春季大会第3戦!

01


5月17日(日)、春季大会第3節明治学院大学戦が専修大学伊勢原人工芝グラウンドで行われた。
(前の日にCチームが29-10(1st 10-10/明治学院大G )と辛勝、まだまだミス多し・・・。)

先ずはBチーム。
前後半共に4トライずつ取って51-12も2トライ献上し、シャットアウトとは行かなかった。

そしてAチーム、この日はここ2戦までのリザーブ陣が先発に名を連ね14時キックオフ。
開始早々プロップ門のトライを皮切りに前半だけで6トライを連取し36-0。
後半途中から選手を全て入れ替え、こちらも5トライ5ゴールと相手を圧倒し35得点、71-0の0封で勝利を飾った。

02

03


ミスは付きモノだが2人目のリアクションがまだまだ遅く、何度かペナルティーを取われ、速攻を許した。
それでも最後まで集中力が切れることなく守りきったディフェンスは評価。
またアタックでも度々見せたテンポの良い攻撃は、相手を翻弄し、トライに結びついた。
これでチームは3戦3勝、勝ち点6を追加し勝ち点12。
少しずつではあるが全体のレベルが上がってきた。

春季大会はこれで一週空くが、オープン戦は毎週続く。
今週は関東学院大戦、負けられない戦いがつづくのだ!
しっかりリカバリーして体重を戻し、充実したオフを満喫して明日からの練習に備えましょう!

04

05



PS.どうげんせぶん

42(~43)年会を中心とした第2回どうげんせぶんが60名強集まり、”どうげん”で盛大に行われました。
幹事ヌノーこと布川(日大)氏、企画構成段取り司会2次会3次会??色々とありがとう!!
ラグビー万歳!
ダンディーヌノー最高!!


06
1991 W杯初戦 Scotland戦 HB団!

07
集合写真!

| | コメント (0)


2015年5月11日 (月)

春季大会第2戦!

01_2

5月10日(日)、春季大会第2戦拓殖大学戦が専修大学伊勢原グラウンドで行われた。
前の日にCチームが惜敗、今日はAB共に気合いが入っていた。
先ずはBチーム、前半は14−19とリードを許すが、後半一気に逆転し、41−29でノーサイド。

そしてAチーム、前半良い所少なく4トライを献上し10−24と14点のビハインド。
後半は開始早々にトライを挙げ、射程圏内の7点差。しばらく一進一退の攻防が続き、リザーブ選手を徐々に投入。
そして後半28分、ようやく同点に追いつくと、34分にもCTB太田がトライを挙げ31−24とこの試合初めて逆転。
終盤自陣ゴール前相手ボールスクラムを凌ぎ、そのまま歓喜のノーサイドを迎えた。
これでチームは2戦2勝、勝ち点6を追加し勝ち点12。

02

03
CTB太田逆転トライラン!

04
halftime、これからこれから…。ワントライで射程圏内だ‼︎



いままでやってきたこと、そして秋のために先週から新しいことを取り入れたばかりのシステムをABC3チームとも信じて前に出続け戦ったことに敬意を表したい。
この1勝はチームにとっても今後の自信に繋がる大きな1勝となった。

また赤間OB会長、池本部長はじめ、たくさんの専大サポーターが伊勢原まで応援に駆けつけて頂いたことに感謝。
まだまだ成長段階、もっと巧く、もっと強くなります。

今週は5月17日(日)第3戦、明治学院大学とホームゲーム。前日の16日にCチームが明治学院大学グランドにて試合。
連戦ですが、今後ともご声援宜しくお願いいたします!

05
相手3番は日本代表スコッド!

06
Bチーム新人FB松浦のゴールキック!

07
サポート!



※ 5月5日(火)こどもの日も試合!

先週火曜日は中1日で國學院大学と試合。対1年生同士の戦いは30分ハーフ、終始主導権を握られ7点差惜敗。
AとBは共に快勝したが、主力温存の時間帯はなかなかスコアも動かず、國學院の粘りに良い意味でも勉強になった。
また、その日の午前中は保土ヶ谷ラグビー場でラグビー祭。
トークショーでは梶原・吉田・村田に司会のラグマガ田村編集長と4人で約1時間、話しは尽きなかった。

08
トークショー後、記念撮影!





| | コメント (5)


2015年5月 6日 (水)

春季大会開幕!

01



今季初参加の春季大会、相手は対抗戦グループの立教大学。
5月3日、場所は立教大学富士見総合グラウンドで14:00キックオフ。

その前にBチーム同士の戦いが行われたのだが、12点差あった得点も終盤残り5分に2トライ奪われ同点ノーサイド。
いやな雰囲気も漂った中、Aチームの試合が行われた。
先制されるも4連続トライで逆転し前半を24-5で折り返すと、後半も先にトライを奪ったのは立教大学。
しかし、取り合いに終止符をうち、途中から怒涛の6連続トライを奪って67-26で快勝。
4トライ以上のボーナス1点も含め勝ち点6とした。


02
BチームSO石原!

03
CTB高埜!

04
3番大ちゃん



翌日のリカバリートレーニングを経て、中1日で行われた國學院大学戦。
5月5日、1年生チームが11時半キックオフ。
試合は2トライ先制するもその後続かず、相手の勢いに終始リードを奪われ31-38でノーサイド。
後半から見た私は、スコアを見てビックリ。
追いつくだろうと思っていたが、ディフェンスも良くなかった。
また専修ラグビーのストラクチャーを理解できていない選手が多いのも敗因。

05
FL仁科!

06
FL坂本!

07
LO南都!



気を取り直して挑んだAチーム。
2日前に試合しているので立教戦にフル出場したメンバーの多くは休養、もしくはリザーブに回した。
もちろんスタメンも何人もいたが、前半は良いところ無く5-17のビハインド。
後半活を入れて挑み、 途中から選手も入れ替え、6連続トライで40点取り國學院を0封、45-17で快勝した。

08
今季はスクラムを武器に!

09
昨年度ルーキーMVPだったLO西村、100kg突破!

10
キッカーはFBで初先発の田辺!



最後にBチーム。
前半3トライずつのイーブンで折り返し、後半流れを変えたのが途中出場の黒川ラフィ。
専大野球部からラグビー部に転身して2ヶ月ちょっと。身長178cm体重72kgだった体重が、6kg増の78kgとラグビー体型に変身。
途中約1ヶ月近くのリハビリを経て10日前のセブンズで復帰。
50m5,8秒のスピードはだてじゃない。
ボールをノーマークで貰うと一気に加速し、ひとり交わして初トライを奪うとディフェンスでも相手に喰らい付き、離さない。
最後にトライを奪われたが48-38でノーサイド。
褐色の弾丸、黒川ラフィの今後に期待大。間違いなく進化していくだろう・・・。


11
CTB山崎復帰トライ!

12
FL吉國のトライラン!

13
途中出場の見學トライ!

14
途中出場のSH中島突破!



今季もGWはラグビー三昧だったが、中1日での試合もあったことにより6日を完全オフに設定。
週末10日には昨年度唯一完敗した拓殖大学との一戦がある。どこまで追い付けたか確認したい。

みなさま3日、5日と多大なご声援ありがとうございました。
次戦は春季大会第2戦、5月10日(日)専修大学伊勢原ラグビー場にて14:00キックオフ

(Bチームは人工芝Gで12:00KO、Cチームは前日に拓殖Gで12:00KO)

週末もご声援宜しくお願いいたします!!


15
立教大学ラグビー祭メインゲーム!
ご招待ありがとうございます♪

| | コメント (0)


« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »