« 準決勝MBS解説! | トップページ | 激闘から... »

2015年1月 9日 (金)

東福岡優勝!

06

01


第94回全国高校ラグビー決勝戦は東福岡が御所実業相手に57-5で勝利。
3年ぶり5度目の優勝を成し遂げた。

開始早々からキックを使わず展開、10番松尾-12番永富が仕掛け、WTB両翼(岩佐、高野)が走る走る・・・。
13番萩原蓮のトライを皮切りに前半だけで6トライ連取し40-0。
あの強風の中、右隅2本を含む5ゴールは萩原、これで勢いに乗った。

後半は御所実業もしっかり修正して拮抗した展開に。
それでも3トライを取れば御所実も意地のワントライを取りきりノーサイド(57-5)。
監督就任3年目の藤田雄一郎氏率いる東福岡が最高のパフォーマンスを見せたのも、稗田BKコーチ、そして川内鉄心アドバイザー、松田トレーナー(法政兼務)、南川トレーナー(専修兼務)のサポートなしには語れない。
またグランド上ではフランカー古川主将がしっかり指揮を取り、才能軍団をまとめ上げた。


02
試合前


03
バックスタンド応援!



いまから30年前の第64回全国高校ラグビー大会に、当時福岡代表としては16年ぶりに私立高校が公立高校に勝って初出場を得た。
就任3年目の青年監督の名前は谷崎重幸(現法政大学ラグビー部監督)。
当時は部員も今の半分以下でラグビー経験者が1割といなかった時代。
しかし、連日3時間越えの猛練習の末に掴み取った初出場、あれから30年が経って、ここ10年位の間に5度目の日本一に輝く学校になった。

思い出した30年前、私は2年生ながらSH9番を付けて花園での全国大会に初出場。
初陣は4-8の惜敗。
あの経験があったから今がある。
あの経験がなかったらと思うとゾッとする・・・。

恩師に会えて、母校が強くなって、また今回藤田監督が初めて監督として日本一になったことに敬意を表します。
歓喜、感動、みんなありがとう。

04


05
おめでとう藤田雄一郎監督!
ありがとう東福岡‼︎



PS. 専修大学ラグビー部も今年は13年ぶりのリーグ戦1部...

1月7日、この日から練習再開、今日は早朝トレ2セッション、その後学校、そして夕方から5セッションに分けてのS&C潮田menu
みんな生き生きと練習にウェイトに励んでいる。
いつまで続くか・・・、シーズンこのモチベーションで最後まで続けることができれば大学選手権に出場することができる。

”継続は力なり”

続けましょう...♪

|


« 準決勝MBS解説! | トップページ | 激闘から... »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)