« 拓殖大戦、価値ある敗戦・・・ | トップページ | ジュニア日大戦 »

2014年11月13日 (木)

一部への道のり…

06
Allez SENSHU Rugby



先日、専修大学野球部が入替戦で青山学院大学に6−4で勝利し、通算2勝1敗で1部復帰を果たした。

野球部とは伊勢原寮で同じ釜の飯を食べる間柄。
野球部も長らく低迷していた時期もラグビー部と重なり、今回の勝利はラグビー部にとっても嬉しい1部入りとなった。
斉藤監督以下選手はじめ、スタッフ他関係者の皆さん、本当におめでとうございます!

今週はジュニア戦があり、現在勝ち点11で首位。
最終戦(16【日】日大稲城G 14:00KO)の相手は日大で、これに勝つと1位通過となり、2位(拓殖vs青山学院)とのプレーオフ戦に進む。
プレーオフに勝てば、ジュニアカテゴリーB最下位(筑波vs大東)との入替戦となる。
昨年ひとつ上がったばかりのジュニアチーム、今季もチャンス有り!


07
選手一丸!



さて、Aチームは全勝こそはならなかったが、5勝1敗の2位で来週22日土曜日にキャノンフィールドで最終戦國學院大学戦を迎える。

しっかり勝利する事はもちろんなのだが、次(入替戦)に繋がる専修ラグビーを披露したい。

その為にも、日頃から毎日継続してきた事、トレーニングの積み重ねが今日に至る選手たち。
中には一年生のときから全然体つきが変わっていない選手もいるが、選手本人が変わろうとしない限り変わる事は出来ない。
ラグビーはチームスポーツ。全体ミーティングでも伝えたが、個人技だけでは勝てない。
15名のポジションにそれぞれの役割がある。
ひとりでも欠けると試合は厳しいものになるし、ひとりが勝手なプレーをすると、試合自体がおかしくなる。
だから専修大学は部員72名が全員同じ練習を行なう。CチームがAチームにチャレンジする事もあれば、トライを取る事もある。
部員が少ない分、みんなにチャンスがあるのだ。

今季のスローガンは "専修革命"Revolution
自主性を主体にトレーニング後も走ったり、ウェイトしたりする選手が確実に多くなってきた今季。
まだまだやればできるし、食事ももっと積極的に取れば身体ももっと大きくなっていくはず...。

シーズンもラスト一ヶ月、チーム一丸ひとつに固まって殻を破りましょう!!

01
火曜日早朝はスタート真っ暗

02
5限組あさトレ

03
S&C潮田コーチ

04
たくさん食べよう

05
ぜひ伊勢原まで!待ってます♪

|


« 拓殖大戦、価値ある敗戦・・・ | トップページ | ジュニア日大戦 »

コメント

あれから一年、
リーグ戦6戦目にして初勝利!
長かった…

しかし、また感動させてもらった。
みんなありがとう。

投稿: Wata | 2015年11月14日 (土) 23時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)