« 関東学院戦、19年ぶりの勝利! | トップページ | 一部への道のり… »

2014年11月10日 (月)

拓殖大戦、価値ある敗戦・・・

01


改めてビデオを見たが、点差ほどの差はなかった。
前半開始早々敵陣ゴール前まで攻めて正面PGを貰ったが、あの場面ではトライが欲しかった。
(Video見れば解かる!!)

その後、拓殖FWラッシュからBK展開のトライと、ゴール前であっさり行かれたトライで3-14。
ここから膠着状態の中、専修もテンポ良く果敢に攻め続けるが、ラストパスが繋がらない。
相手ボールになると、FWを前面に押し上げた攻撃を仕掛ける拓殖、その隙を突いた連続攻撃から相手FBの個人技によるトライで3-19。
この間専修のトライチャンスは敵陣ゴール前まで行くこと他3回あったが、共にトライまで至らず前半終了。

02


前半トライ一本でも返していれば流れは変わったかもしれないが、後半も早々からFW絡みの怒涛の攻めを受け、最初の10分で2トライを献上、あっという間に点差は広がり3-33。
外国人選手を絡めたFWのパワー、圧力は半端なく、フィジカルも強力。よって前に出たときのリアクションの速さは専修と比べ物にならない。
元1部チームの圧力、ブレイクダウンの精度、ここだけは差を感じた。

最終的には交替出場のSH田辺がトライを奪うも1トライ追加され8-40でノーサイド。
過去2年間の公式戦で6トライ以上取られたことは初めて、昨シーズンまで1部にいた拓殖大のトライへの集中力、ボール獲得に対する選手一人ひとりのリアクションの速さは素晴らしかった。

03


但し、下を向いているひまは無い。
取れるときにしっかりトライをマークしていれば、もっと接戦になった今日の試合。
いつも以上にプレッシャーがかかり、グランドを幅広く使えず、FWもセットプレーからの圧力を絶え続けただけアタックで走れず、サポートも遅れターンオーバー(反則)を連発。
今日はFWもBKもチームにとっては足を引っ張り合ってしまったが、この厳しい試合を経験できたことが次戦に繋がることだろう。

拓殖は昨年度まで1部にいたチームらしく、スクラムはじめ、セットプレーが安定していることと、各選手フィジカルが強く、間違いなく復帰するだけのチーム。
試合後、遠藤監督とも話したが、チームでは今季の専修を脅威と言い続け、この試合に100%で望めるべく準備したと聞いた。
もちろん結果が全てを物語っているが、今日の敗戦は専修にとって”価値ある敗戦”とし、一部復帰に向けてのメッセージととらえる事を選手たちに伝えた。
フィジカルで負けていなかった選手もいたし、先週の関東学院戦同様、うち以上に相手選手が倒れる(運ばれる)ことが多かったことも事実。
みんなも強くなっているし、専修S&Cは過去3年間継続的に強化してきた賜物。
ただ、まだまだ足りないということ。
今後更にレベルを上げ、チームとしての完成度を高め、入れ替え戦に出場する為に必ず巻き返します。

この日もたくさんのご声援ありがとうございました。
感謝...♪

田崎Dr、南川Tr、スポットコーチ岡野、文原、サポートコーチ米倉、
そして大東コーチ、畑山コーチ、寺井Tr、学生スタッフ(松浦、黒岩、捧/帝京平成大学)、1日お疲れ様でした。

04
NO SIDE



※ 野球部2部優勝、入替戦は神宮球場!!

05
神宮球場!

専修 vs 青山学院 
初戦勝利〇4-2
第2戦延長戦負け● 5-6×
最終戦の結果は・・・?!



PS. 第二部 「専修革命、道を切り拓く」

専修大学神田校舎8C会議室にて、専修大学校友会 流通研究OB会総会に参加。
総会後、第二部にて講演「専修大学のラグビー」、そして第三部の懇親会に参加させて頂きました。

専修スポーツ、ここ最近ではサッカーの関東大学3連覇はじめ、バレーボールの春季初優勝、専修OGオリンピック出場メダル獲得他、スポーツは盛んです。
また世界に目を向けると、メジャーリーガーのヤンキース黒田投手をはじめ、ボクシングの山中選手、ゴルフの藤田選手などトップで活躍中ですが、ラグビー部OBでスポットコーチも務めるNTTコムの馬屋原選手(196cm,105kg)も39歳現役トップリーガーとしていまだに活躍!
これに駅伝、野球、ラグビーの復活が今季専修大学135周年(1880年創設)の歴史に花を添えることでしょう。
野球・ラグビー・1部に行きましょう!!
箱根駅伝にもまた行きましょう!!
みんなで盛り上げていきましょう!!!
私も活動方針にブレなく選手を育て、立派な社会人やトップリーガーになれる様、しっかり最後までサポートしていきます。

06



07
専修革命:Revolution!!


08
専修流通研究OB総勢135名強!





|


« 関東学院戦、19年ぶりの勝利! | トップページ | 一部への道のり… »

コメント

価値を「活かす次」があるのです。
それを活かせばさらに「活かせる次」があるのです。
遠藤監督の言った「脅威」を超えてほしいです。
FIGHT!!

投稿: 舘淳一朗 | 2014年11月12日 (水) 00時12分

ありがとうございます♪

投稿: Wata | 2014年11月14日 (金) 20時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)