« 最終戦... | トップページ | 明日は・・・ »

2014年11月22日 (土)

6年振りに入替戦進出!!

01

02
SH田辺-ロスタイム逆転トライ!



関東大学リーグ戦2部最終戦、國學院大戦は死闘だった。
試合は開始早々からキャッチミスやキックチャージからの2失トライで相手を勢い付かせる展開。
スクラム等フィジカルは圧倒しているにも関わらず、ノッコンやパスミス、反則を連発。
セットプレーもラインアウトがしっかりクリーンキャッチ出来ず攻撃できない。
それでもCTB山崎、WTB池田がトライし、前半を15-14の1点差リードで終えた。

03

ハーフタイム、大東FWコーチの激が飛ぶが、後半開始早々にもキックオフボールを支配され、最終的にはPG決められ15−17と再逆転を許す。
その直後にもモールでトライを献上し15−24。流れは完全に國學院ペース。
専修は数少ないチャンスに今季初スタメンのWTB上田がトライを返し20−24と迫るも、後半27分に再びトライを許し20−31と11点のビハインド。

残り12分、ハーフ団を入れ替え、リザーブ陣も徐々に入り総攻撃。
勢いを吹き返した専修は、ゴール前から途中出場のPR梶原が追撃のトライで27−31と4点差逆転圏内で残り5分弱。
ロスタイムに入り、途中出場のSH田辺が強引なサイドアタックから逆転トライを奪ってゴールも決まり34−31でノーサイド。劇的な幕切れとなった。

04


試合終了後、号泣する四年生もいたが、2試合目が始まるとあってグラウンドを後にして駐車場に集合。
言いたい事はたくさんあったが、先ずは選手たちを労い、勝った事により次に進める可能性が出来た事を伝えた。もちろん、最後まで諦めずに戦ったから逆転できたのだろうし、終盤は特に代わって入ったリザーブ陣が活躍。冷静にゲームをコントロールし前に仕掛け続けた田辺-小田のハーフ団、そしてFWリザーブ陣。ここ1番での集中力が梶原、田辺のトライに繋がり、結果として表れた。
決戦は3週間後、相手は1部7位のチームで場所は熊谷ラグビー場。

専修大学にとっては”千載一遇”のチャンス。
まだ一部との差はあるが、この3週間で少しでも追いつきグラウンドで成果を魅せたい。

この日もたくさんのご声援ありがとうございました。
最終戦(2部4強戦)とあって、大勢のラグビーファンがつめかけて頂きました。
キャノンラグビー部はじめ、佐藤GMさま、永友監督、管理人の田中様、所長の田中様、副務前田さん、多大なるサポートに感謝!
この場を借りてお礼申し上げます。

05
Canonさん、永友監督、感謝!



☆ スポットコーチ陣
肥後BKコーチ、文原スクラムコーチ、本日はありがとうございました!


PS.  11/22 良い夫婦の日
この日は専修大学ラグビー部OB会長でもある赤間さんの誕生日。
勝利で祝えてホッとしました。改めましてオメデトウゴザイマス!!


※ Facebookより…
ラグビーはチームスポーツ。
そして痛みを伴うスポーツでもある。
当たり前だが、ボールを持っている選手だけにタックルが出来て、相手を超えたり剥がしていかないとボールは奪えない。
しかし、ボールを奪う為に真後ろから相手をタックルしながら乗り越えていくプレーはOK。
ラグビーはルールのある格闘技、相手の痛みが解るからその痛みは自分の事の様に感じる事ができる。身体を張ったプレイヤーに対してみんな尊敬するし、いくら巧くても身体を張れない選手は信頼されないんだ。

タックルをすればする程人の痛みが解る心優しい人になれる。
’人に優しく、自分に厳しく’
今日は本当にラグビーやってて良かったと思った。
そして、15人制の指導者になって3年目、少しだけ壁を乗り越えられた瞬間でもあった。
チャンスは来る、そして努力している選手の所にボールは必ず転がって来る。
勝負は3週間後、やるしかないぞ!!


【専修大学ラグビー部ブログ】
http://www.senshurugby.com/blog_top/


【ラグビーリパブリック(Rugby Republic)】
http://rugby-rp.com/news.asp?idx=106907&page=1&code_s=1002


06
専修大-東芝府中-國學院大-繋がり!!
護、厳しい試合をありがとう…♪


|


« 最終戦... | トップページ | 明日は・・・ »

コメント

府中市在住で東芝フリークの専大OBです。
当日、キャノンスポーツパークに行きました。
村田監督、伊藤監督両氏の勇姿も久々に拝見でき、嬉しかったです。
試合内容は色々ありましたが、結果には一安心しました。
最後まで、試合を切ったり、ボールを単にキープするだけでなく、正々堂々果敢にファイトしてくれた、国学院には感謝ですね。
越えねばならないハードルは高いと思いますが、あと、3週間チーム力を結集していただき、来年は、秩父宮でお会いしましょう。

投稿: LH53 | 2014年11月25日 (火) 23時33分

点差を見る以上にタイトな試合だったのですね。
それは力の有無ではなく気力の有無を示す結果なんだと思います。
専修のゲームを「お金払って見たい」って思います。
まずは12月にそれが叶うことに感動してます。
相手がどこであろうと 叩け! と思います。
入れ替え戦参戦 おめでとう。
客席のどこかで応援します。LH53さん同様
聖地 秩父宮でグリーンジャージを見たい!

投稿: 舘淳一朗 | 2014年11月26日 (水) 00時11分

コメントありがとうございます♪
Jr.日大戦、2点差惜敗…(Cチームも11点差)
入替戦、相手は同じく日大!
必ずリベンジして一部に復帰します‼︎

投稿: Wata | 2014年11月30日 (日) 21時47分

村田監督のキャプテン時代の明治と引き分けた交流試合をよく思い出します。抽選負けし泣き崩れる村田キャプテンの姿を見て自分も涙してました。あの時のような死闘を入れ替え戦で再現してほしいと思います。
粘って粘って最後の同点PG、いや今回は逆転TRY!なんてドラマチックなゲームを期待してます。熊谷ラグビー場行きます!

投稿: AKI | 2014年12月 5日 (金) 17時39分

AKI-san,
メッセージありがとうございます。
NHKでの放送、記者会見での号泣、もう四半世紀前の出来事ですが、私も鮮明に覚えています。
熱い厳しい戦いになるかと思われますが、ご声援宜しくお願い致します!!

投稿: Wata | 2014年12月 8日 (月) 11時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)