« 香港セブンズ2014 | トップページ | 2013専修PV »

2014年4月 7日 (月)

YC&ACセブンズ大会!!

01
第55回YC&AC7's大会 準優勝!



第55回YC&ACセブンズ大会に招待され参加。
この大会は日本で最も歴史のある大会で、私も20年以上前に専修大学で、また社会人でも東芝府中時代に参加した大会。
覚えているのは、大学時代当時の相手が三洋(現パナソニック)で対面がSH児玉さん(同志社V3)、社会人がとてつもなく強かったなぁ・・・。
そして東芝入社1年目からYC&ACセブンズは3連覇!15人制が神戸製鋼の連覇が続いている中、セブンズでは神戸に勝っていた府中。
筑波OBの薫田&梶原氏はじめ、池澤、渡部、鬼沢氏の帝京OBが活躍していた時代・・・。大八木さんと梶原さんの激突も凄まじかったね・・・。

さて、久々に招待された大会、この2週間はチーム練習以外にも別でセブンズの時間を作りしっかり準備。
忙しい中OBでセブンズのレジェンドとも言われた小野真司(東芝府中)も2回駆けつけて指導してもらった。

目標は・・・!?、初戦に勝つこと!!
その初戦の相手は、過去50回大会にセブンズの神様と呼ばれるセレヴィを招聘し初優勝、そこから3連覇(その後1回優勝/V4)したホームYC&ACクラブ。
元NZ代表選手も2人いたが、現役バリバリの助っ人は今回いないと聞いて・・・。

02
横浜YC&AC人工芝グランド



9:48 一回戦キックオフ
立ち上がりからエンジン全開の専修セブンズ、3連続トライで引き離すも、後半はノーホイッスルトライを献上。
YC&ACも一気に上げてきたが2トライに抑え、追加トライを記録し28-12で勝利。
幸先良く目標だった初戦を突破!

選手の朝は6時過ぎの交替浴から・・・、その後バスで移動、6:46の電車に乗って朝食は各自。
8時には到着してテントなど場所の設営。8時半過ぎからタッチラグビーで身体をほぐし・・・。
9時過ぎから30分間しっかりパス&キャッチで息を上げ、ブレイクダウンで身体を当てて最後にタックル。
しっかり準備した結果、スタートの7分間でスタートダッシュに成功し3トライをゲット、動きはあきらかに違ったかな・・・。

13:24 二回戦キックオフ
相手は日大に勝利したタマリバクラブ。
竹山、福田といったセブンズを知り尽くしている両氏のダミーパスや変化のある動きにだいぶ手こずったが、こちらも前半から3連続トライで勝負あり、26-5で勝利。

15:12 準決勝キックオフ
相手は東海大、慶應大に勝利してきたPSIコストカッツ(購買戦略研究所)
女子ラガールセブンの男子版で、今季卒業した主将の杉本、北畑もここに就職(2人共ウォーターボーイで活躍?!)。
東京7’s、香港7’sでも活躍したジェイミー・ヘンリーがここの所属で、1-2回戦も大ブレイク。
それにリコーを引退した元セブンズJAPANの横山兄弟も助っ人として試合に出場(反則じゃない・・・!?笑)!
最強の相手を迎えたが、昨年の北海道で行われたピリカモシリ7’s大会でも勝利しているので選手に迷いはなくキックオフ。

天候は打って変わって雷雨に気温も下がり、それでか前半を5-7と初めて先手を取られるも、後半逆転し17-12で残り2分。
あとワントライ取ればと、ゴール前まで攻め続けたがT/Oを喰らい、横山に独走され、必死に追いかけた田辺の戻りもあり左中間にトライ。
それでもゴールが決まり17-19とまた逆転を許し、残りは1分もない。
相手キックオフをキャッチし、自陣から切り替えしたボールをFW新本ー浅利とクイックパスでつなぎケンシロウがそのままライン際を独走。
2人に追走されながらも上手く内に切れ込み2人の間をスピードで突破!
ど真ん中に決勝進出を決める逆転トライに場内も騒然、専修大学が決勝戦に進出したのだ!!
私も思わず「ョッシャー」叫んでしまいました!!!

叫んだ裏には・・・、
前半終了間際にSH田辺がリフトタックルによるシンビン。イエローカードが出て2分間の退場処分を受ける。
(シンビンは席に着くまでストップウォッチは押されない。)
6人でトライは最小限に抑え、ハーフタイムに雷が落ち約5分間の中断後再開。
そんなこともあり、その中で勝てたことが本当に嬉しくて・・・。

16:20 決勝キックオフ
相手は流通経済大学で、昨年度のチャンピオンで、明治学院大、和歌山選抜、筑波大を撃破してきたリーグ戦のトップチーム。
決勝戦は10分ハーフ。専修は3試合目に2人負傷者が出てメンバーは10人、初スタメン2人を入れての戦いになった。
キックオフ後、フィジアン2人率いる外国人パワー炸裂、いきなりのノーホイッスルトライを献上。
その一人のリリダムは現在セブンズ日本代表選手、怪我も癒え元気に登場してきた。

その後も立て続けにトライを奪われたが、意地を見せ2トライを返し12-24と2トライ差で後半戦へ。
しかし、後半はもう1トライ返すのがやっとで完敗も、獲得した3つ全てがベストトライにしたい内容のあるモノだった。

何よりも、決勝戦の舞台に立てたことが大きな収穫。
試合前に’専修大学’とコールされる度にどよめきから歓声に変わったことも、チームの進化をラグビーファンの方々も感じたからだと思う。
選手のみんな、本当に4試合お疲れ様。
しっかり休んでまた火曜日からラグビーしましょう!!

03
アフターマッチファンクションにて…

04
流通経済大学 二連覇達成!



※ 入学式

専修大学ラグビー部に21名の新人が無事入学式を終えました。
保護者、選手スタッフ総勢55名での懇親会にはラグビー部長の池本氏、校友会仲宗根氏(元監督)、畑山コーチ等も出席し、お言葉を頂きました。
また、この場所’ふくの鳥’は、ラグビー部OBでもある中嶋唯雄社長プロデュースのお店で都内30店舗を経営するオーナー
社長でもある。
サプライズは’Red Bull’サンプリングガールが一人ひとりにご提供!
今季専修大学ラグビー部のスポンサーに・・・!?
約2時間の終わりは保護者との懇親説明会に・・・。
大学生活4年間、しっかり文武両道を貫き、人間を育てるべく、立派な社会人になれるようサポートしていきます。

06_2
新人21名!

07
武道館

08


PS,新人マッチ!!


法政大学との新人試合、結果は0-7惜敗も随所に良いプレーがあり、健闘したと報告があった。
みんな大学生としての初試合お疲れ様でした。
この1ヶ月の練習で、今日の試合を迎えたが、十分やれるという自信が身に付いて来ていると思うので、更に精進していきましょう。



05
東福岡優勝‼︎

|


« 香港セブンズ2014 | トップページ | 2013専修PV »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)